Category Archives: 未分類

09 5月

オープンスクールについて

オープンスクールの日程変更のお知らせ。

6月17日(水) → 中止

9月 9日(水) → 追加  内容:クラス授業  昼食が必要です

今後も新型コロナウイルスの感染状況によって日程・内容を変更する可能性があります。

ご不明な点がありましたら連絡ください。

24 4月

vsカラス

高等養護部では畑に作物を色々植えていますが、3月のはじめに植えたジャガイモはカラス(鳥たち)との戦いでした。

土づくりをして畝(うね)をつくり、種イモを植え、芽が出るのを楽しみにしていました。

が・・・・・・・・・・・・・。

2~3日後に様子を見に行くと、明らかに鳥が歩いた跡があるのです。

畝をほじくり返し、種イモを探すと・・・・・・イモがない!!!!!

鳥たちにつつかれて食べられていました。

新たに種イモを買って植えた後、急遽ジャガイモを守る大作戦を決行しました。

そして、ついに先日。ようやく芽が出てきました!!

CIMG1513

このまましっかり守って、おいしいジャガイモを食べたいと思います。

他にも少しずつ野菜がでてきていて、今はスナップエンドウを毎日たくさん収穫しています。

CIMG1511

調理して食べることもありますが、大人気です!!

05 4月

新年度を迎えました。

CIMG3982 CIMG3986新型コロナウイルスが猛威を振るい、収束の目処が立っていません。

早く平穏な暮らしに戻ることを願っています。

高等養護部周辺の桜が開花し、生徒、職員でお花見をしました。

またこの時期は海や山の景色がきれいで、波打つ音がたまりません。

コロナ負けないよう日々過ごし、新たな気持ちで新年度を迎えたいと思います。

08 2月

求人情報

児童発達支援施設 似島学園高等養護部、グループホーム有終寮では

知的障害や発達障害をお持ちの利用者の方へのより良い支援を行うために

一緒に働いてもらえる方を募集しています!

求人情報

03 11月

第5回 オープンスクール

10月30日水曜日にオープンスクールを開催しました

椎茸、農耕作業をメインに見学していただき、収穫したさつまいもを天ぷらにし、参加者の方々に試食してもらいました。

椎茸は秋がシーズンなので今からたくさん収穫ができると思います。

椎茸・・・植菌、原木管理、収穫については年間通して行います。

農耕・・・季節に応じて野菜を栽培し、収穫まで行います。

外部の方から「どちらもおいしい」と好評をいただいております!

お忙しい中、オープンスクールにご参加いただきありがとうございます。

来年のオープンスクールにもぜひ足を運んでください。

26 10月

令和元年度 秋季大運動会

10月19日土曜日に秋季大運動会が開催されました。しかし当日の天気は雨で、その後も雨が降り続けたため希望館にて表現の演技だけ披露することになりました。高養ソーラン2019年バージョンは3年生を中心にひとつのチームとなり、各学年ごとに最後の決めポーズを考え、みんなで声をかけながら日々の練習に取り組んでました。その成果が本番で発揮され、ご来場の皆様からも温かい拍手が鳴り響いてました。

23日水曜日は快晴となり、無事に全プログラムを終了することができました。リレー、団体競技、選手リレー、綱引きにも参加し、全力で競技に取り組んでいる姿はとても感動しました。

来年度の運動会は大勢のギャラリーの中で開催されることを心から願っています。生徒たちは1か月にも及ぶ練習によく耐えたと思います。

04 6月

令和初収穫

今年も中庭にある木に実がなりました。

実が赤くなってきたら収穫して食べています。

毎年木が大きくなり手が届かないところも増えてきたので

「たわん~」「取れん~」ともどかしい思いもしているようです。

CIMG3660

 

CIMG3659

さて。この木(実)ですがみんなは【さくらんぼ】と呼んでいますが

正確な名前を知らなかったので調べてみました。

【梅桃】【山桜桃梅】と書いてユスラウメというそうです。

酸味が少なくさくらんぼに似た味がすると書いてありました。

さくらんぼでもあながち間違いではないのかも・・・。

これからもおいしく食べようと思います。

15 4月

少年丸についてお知らせ

社会福祉法人 似島学園

                               理事長 高井 竜司

 広島湾で発生した『少年丸』衝突事故に関しましてのお詫び

『平成』の時代もあと1カ月となり、新たな『令和』の時代がやってまいります。皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

この度、3月26日午前7時45分ごろ、広島湾において、社会福祉法人 似島学園所有『少年丸』(約19トン)が、停泊中の東明汽船所有の自動車運搬専用船『KARIYUSHI LEADER』(約3万トン)の船尾に衝突し、少年丸の前部が損傷いたしました。少年丸に乗船していた船長と男子高校生1人には、けがはありませんでした。また、自動車運搬専用船の船員の方にもけがはありませんでしたが、皆様には、ご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

事故の原因は、船長の前方不注意によるものであり、大変深く反省いたしております。すでにその職員は、3月31日付で退職いたしました。

今後は安全対策を強化徹底し、二度とこのような事故を起こさぬよう最善の努力を惜しまず、これからも、子どもたちの支援に一層努力して参りますので、引き続き皆様のご指導、ご協力の程 よろしくお願い申し上げます。

 

高等養護部の保護者のみなさまへ

少年丸は4月中にドック入りし、損傷個所の修理をいたしますが、4月末からの10連休もあり、運行再開は5月末以降になる見込みです。生徒、保護者の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ありません。生徒については、運行再開までの間、バンカーサプライの「なぎさ」「くれない2」等を利用していただくことになりますが、今後、帰宅・帰園・通院・実習などで必要な運賃については高等養護部の方で負担をさせていただきます。ご理解、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

似島学園高等養護部

園長 宮本 和生

(C) 似島学園高等養護部  All Rights Reserved.