07 1月

悲しいお知らせ。

昨年末から高等養護部の池に「さぎ」がやってくるようになりました。

これまで大事に育ててきた金魚ですがだんだん数がへっているの気づき、網を張るなどの対策をしましたが、「さぎ」のほうが上手で冬休み中に最後の一匹も食べれていなくなってしまいました。自然の摂理?かもしれませんが…。

冬休み帰省から帰ってきた生徒たちもびっくりし、また悲しんでいました。

みなさん「さぎ」にきをつけましょう。

(C) 似島学園高等養護部  All Rights Reserved.