31 10月

盆法要並原爆73周年慰霊行事

image18月5日 (土),盆法要並原爆73周年慰霊行事が執り行われました。

午前中は,似島学園小・中学校の平和学習の一環として灯篭作りを行いました。子どもたち一人一人が平和への思いを込め,それぞれの灯篭を作りました。どの灯篭も大切な思いのこもった個性あふれる素敵なものになりました。

夕方からは,「いのちの塔」で盆法要が執り行われました。「遠き山に陽は落ちて」を斉唱したのち,児童・生徒の代表が慰霊のことばを述べ,お経をあげていただきました。「広島平和の歌」「似島学園園歌」を斉唱し,児童,学校職員,学園職員全員で,原爆で亡くなった方々と、この度の豪雨災害で亡くなった方へのご冥福を祈り,作った灯篭を海に流しました。子どもにとっても大人にとっても,改めて平和のありがたみ,大切さを考える1日となりました。

image2image4

 

 

 

 

 

【感想】

・平和についてちゃんと考えることができた。 (中1 男子)

・73年前、戦争があって大勢の人が亡くなって悲しい事があったから、繰り返してはならないと思った。 (小5 男子)

・初めて灯篭流しをして、綺麗だった。平和になって欲しいと思った。 (中2 女子)

・平和になって欲しいと思った。自分の灯篭に「平和」と沢山書いたのでそうなって欲しい。 (小1 女子)